読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And the story goes like this/アンドザストーリーゴーズライクジス

音楽、映画、本、日々のニュースなど。私の頭の中に渦巻くあれこれいいなと感じることを書き留めたり、調べたりするブログ 

散歩する惑星

 

散歩する惑星 愛蔵版 [DVD]

散歩する惑星 愛蔵版 [DVD]

 

 

福祉国家スウェーデンからやってきたコミカルで不条理な笑い。 何なの? 次に何が起こるの?画面になにがでてくるの? なんておもってるうちに映画が終わってしまった。

一体なんだったの?

リストラ、突然さされる人、キリストの銅像を売り歩くセールスマン。ナチスの迫害を受けて死ぬロシア系ユダヤ人の亡霊などなど。

 

物語のあらすじはこうです。映画は不条理な日常の連続からはじまります。 勤続三十年のサラリーマンは突然解雇。道で人探しをしていた男は突然刺される。手品師はマジックに失敗し、失笑をかうだけでなく実験台になってくれた観客の腹をきってしまう。 

不条理が不条理をうむ毎日、この不思議な世界の住人たちがある日、この世界ではないどこかを求めて空港へ向うから道路が渋滞してどうしようもならない。昼日中渋滞しどうし。 そんな世界の住人の一人カールはある日、自分の全財産を火災によってなくしてしまう。二人の息子もちの彼。長男のトーマスは元タクシー運転手。 人々の悩みを勤務中にきいてるうちに心の病をわずらうようになります。昔は美しい詩を書いていた息子は誰とも話さなくなってしまうのです。

 

兄思いのやさし い弟シュテファンは兄にかわってタクシーを運転しながら義姉とその娘を助けます。話さなくなった息子をみるたびにいらつくカールは あるひ教会に助けを請いにいくのですが、、、。

カールは彼の人生の救済をえることができるのでしょうか?

おそろしいほどのブラックユーモア満載。

北欧の監督ってこわいわ~^^。 アキ監督などもそうなんだけど一度好きになったらもう彼らの映画って中毒になるかもしれないですね。しかも一切CG使用してないでのこの絵面ってのは、一体なんなのかしら?そして 独特の社会風刺。

散歩する惑星

それにしても以前みたアキ監督の過去のない男の色艶に画面全体がにてる。全体が青白い(グリーンライトカラーなのよ!)のである。もう全員顔が血色悪くみえてしまう。シーンごとに出てくる人出てくる人がおかしいからもう、これはみていただくしかないのかもしれないですね。

話のおかしさというよりもビジュアルのおかしさが最初にきてしまうタイプの映画であります。 個人的には好きか嫌いかを問われると、大好き。非常におもしろくみた映画ではあります。

 

まず、福祉国家として有名なスウェーデンの国が孕んでる現実問題。なにかと老人問題や福祉の話になると理想国家としてとりあげられますが、 現実としては経済が停滞してる国なので、そんなに理想な暮らしがそこにあるとはおもえないんですよね~。 切実な問題として税金問題が国民の肩に重くのしかかっていたりします。 映画の中でも、日焼けマシンの中からリストラを命令する社長。

そして次のシーンでは勤続三十年、一度も遅刻欠勤したことがない男がリストラされてしまいます。これは現実の世界となんらかわらなく映りいやな感じすら覚えます。 そして出てくる登場人物がなんとも、北欧らしい顔の人たちであることはあるのですが、不健康な醜い人が多くでてきてびっくり。 逆をいうとハリウッド映画のように美男美女だけで作られてる映画とちがい、現実味があるといえばあるのですが、なんともどんよりした雰囲気です。

映画はペルーの詩人セサル・バジェホが書いたある詩を読んでいらいつくりたいとおもっていたもののようです。 詩を読んで普通の人への賛美歌のようだと監督はインタビューで答えています。 それを裏付けるかのように映画に使われる音楽が本当に美しいです。

この映画言葉で説明してるタイプのものではなく 映像と音楽なんですね。 この映画監督あるインタビューで救いようがないような現実でも それが現実なのだから状況をうけとめて暮らすしかないといっています。映画の中でラストちかくに、捨てられたキリスト像の山がでてきます。宗教すら救いの価値がない現実も すべてうけとめるしかないのでしょうかね~。 シュールな笑いが好きなかたに。


SONGS FROM THE SECOND FLOOR - YouTube

 

Roger Ebert of The Chicago Sun-Times wrote, "You may not enjoy it but you will not forget it.

 

シカゴ sun times紙のロジャー氏は、映画を楽しむことができないかもしれないけど、忘れがたいものになるだろう。 

 

影響をうけたペルー詩人の詩「二つの星の間で」。気になるので検索。英語に翻訳されたものを発見。

www.translatum.gr

Stumble between two stars

There are people so wretched, that they don't have
even a body; quantitative hair,
below, in inches, the genial grief;
the way, on high;
don't look for me, molar of oblivion,
they seem to emerge from air, to add sighs mentally, to hear
light whips on their palates!

They leave the skin, scratching the sarcophagus in which they are born
and rise through death hour by hour
and fall, along their gelid alphabet, to the ground.

Aie of so much! aie of so little! aie for them!
Aie in my room, hearing them with lenses!
Aie in my throrax, when they buy suits!
Aie of my white dirt, in its combined dregs!

Beloved be the sanchez ears,
beloved those who sit down,
beloved the stranger and his wife,
the neighbor with sleeves, neck and eyes!

Beloved be the one who has bedbugs,
the one who wears a torn shoe in rain,
the one who keeps vigil over the corpse of bread with two matches,
the one who catches a finger in a door,
th one who doesn't have birthdays,
the one who lost his shadow in a fire,
the animal, the one who seems a parrot,
the one who seems a man, the poor rich,
the pure miserable the poor poor!

Beloved be
the one who is hungry or thirsty, but has no
hunger with which to satisfy his thirst,
no thirst with which to satisfy all his hungers!

Beloved be the one who works daily, nightly, hourly,
the one who sweats from pain or shame,
that one who goes, ordered by his hands, to the movies,
the one who pays with what he lacks,
the one who sleeps on his back,
the one who no longer recalls his childhood; beloved be
the bald one without a hat,
the just one without thorns,
the thief without roses,
the one who wears a watch and has seen God,
the one who has one honor and doesn't fail!

Beloved be the child, who falls and still cries,
and the man who has fallen and no longer cries!

Aie so much! Aie of so little! Aie for them!