And the story goes like this/アンドザストーリーゴーズライクジス

音楽、映画、本、日々のニュースなど。私の頭の中に渦巻くあれこれいいなと感じることを書き留めたり、調べたりするブログ 

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children を読み始める

 

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children (Miss Peregrine's Peculiar Children)

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children (Miss Peregrine's Peculiar Children)

 

 

 

The Art of Miss Peregrine's Home for Peculiar Children (Miss Peregrine's Peculiar Children)

The Art of Miss Peregrine's Home for Peculiar Children (Miss Peregrine's Peculiar Children)

 
Miss Peregrine's Home for Peculiar Children
 

 ティム・バートンの映画を鑑賞後からきになっていた原作。作者がアメリカ人なのに、舞台になっているところが英国や他の欧州が多く、私もそのエリアは旅に行くほど好きなので読みたいモチベーションは高まる一方でした。やっと昨夜から読み始める。そのため、大したコメントなどない。読みやすいし、面白いし、好みなので、このまま続けて全作品色々よんでみたい。マジシャンズの原作も読もうと思っている。

 

Talking Pictures

作家であるランサム・リッグズのyoutubeもなんだかよくわからない奇妙さで、ティム・バートンよりすきかも。

写真を撮るというよりも、古い知らない人の写真を集めるのが趣味らしく、そこから物語を書くときのヒントを多くえているもよう。

 

映画化された今回の作品でも古い写真がキーワードの一つでした。

www.instagram.com

まだよみはじめなのだが、登場人物が映画の設定とちがう。大まかな部分はかわっていないのだろうが、小説、映画とそれぞれ独立して楽しめる。

www.instagram.com

ランサム自身は、映像も写真も撮影する人なのでインスタグラムを試しに眺めてみたらとても面白い。気になったものをここに載せていってみる。あとになって、あれどこに合ったかしらと探すのが面倒だからね。

www.instagram.com

www.instagram.com

whttps:

なんとも味のある奇妙な写真を多く発見することができる。どこか不気味なものというのはどうして工も気持ちを捉えるのがじょうずなんだろうか。

www.instagram.com

絵になるベルギーの街。オランダもそうだがあの独特の切妻屋根が印象的。

www.instagram.com

不思議なのは、いつもと違う風景に外国人の目をとおしてみると見えるということ。こうしてみると日本もアジアの一つなんだなと思い直す。香港のようなカオスさ、猥雑さがある。

https:https:

ルーブルの前の美術館では、椅子に座って日向ぼっこをしている人をよくみかける。ルーブルだけでなく、欧州ではよく見かける光景。太陽が出てる季節が短いからか?

www.instagram.com

ノスタルジックでモノクロな写真。意味深に時計を持っている作られた計算された構図だが、好きだ。

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com